林ぶどう園の名前画像

~林ぶどう園について~

温暖な気候と丘陵地が生み出した東浦ぶどう

昭和35年(1960年)頃に東浦で巨峰の栽培が始まりました。
その後、昭和50年(1975年)頃より「林ぶどう園」の前身である「水幸ぶどう園」を開園。
温暖な気候と丘陵地が生み出した東浦ぶどうは夏の特産品としてこの地で親しまれています。

夏の贈り物(御中元)&夏の思い出作り

巨峰をはじめ、皮ごと食べられるシャインマスカット、濃厚な甘みのゴルビー など色とりどりの詰め合わせを夏の贈り物に。
林ぶどう園では巨峰のぶどう狩りを行っていますので夏の思い出作りにぜひご来園下さい。

園主の紹介

園主:林 佑亮(はやし ゆうすけ)

2014年(平成26年)に就農、祖父の指導の下でぶどうの栽培を始める。
2019年(平成31年)、「水幸ぶどう園」改め「林ぶどう園」をリニューアルオープン。

〒470-2102 愛知県知多郡東浦町大字緒川字引蛙7-48
TEL/FAX  0562-83-9447(営業期間のみ)※期間外の連絡はSNSからメッセージをお送り下さい
営業期間   7月下旬~9月下旬(年により変更)     営業時間 OPEN9:00~CLOSE17:00
定休日    不定休(ホームページ・SNSにて随時お知らせします)